散歩に出かけることのススメと赤ちゃんの話

10月 18, 2019 子育て

散歩に出かけることのススメと赤ちゃんの話

車で走りなれている道も自分の足でゆっくりと歩いてみるのとではまた違った景色を見ることができます。

歩く速度だと今まで見逃していた景色を再認識させられることに驚愕してしまうのです。

車に乗っている時のスピードでは見逃してしまうものもあり、また目線の高さもそれらと歩きでは違ってきます。歩くほうが言わずと知れて目線が高く、垣根や塀などを越えて庭までも見渡せてしまうことでしょう。

このように車道と歩道では見えてくるものは変わってくるのではないかと思います。セノッピーを購入

近所の家の前で例えば犬に吠えられて焦ったことがあるとすれば、そこで犬を飼っていることがわかるのです。

最近は近所に行くにも車を使いがちなものの、そこは徒歩にしてみるという選択があってもいい気がします。

またほかの家で例えば『ここを歩いたら、もうあの家の花が咲いていた。』なんて話をすることもできてしまうのです。

ちなみに散歩は赤ちゃんにもよくて五感を刺激し、昼と夜の区別がつくなど成長に大きな効果をもたらすと言われています。

さらにお母さんも赤ちゃんとのコミュニケーションがうまくいくようになり、育児で疲れた心と体をリフレッシュさせることもできるのです。

その一方で真夏と真冬は避けたほうがよくて暑い時期は帽子をかぶって水分をとるなどの対策をすればいいものの、そんなに無理をして散歩に出かける必要ないのかなと私は思います。

冬は風邪やインフルエンザが流行ってくるので、もしも散歩に出かけて菌をもらってきたら大変です。

あと男性の私が書くのもあれかなと思うものの、冬の赤ちゃんの散歩で着せすぎかもということもあります。

赤ちゃんに風邪をひかせたくないのはわかる一方、着せすぎたことで発熱につながってはいけないのです。

berumonta

投稿者:berumonta